あざやかな碧 ~vivid green~


つれづれアート求道
by gohanjawan
カテゴリ
全体
料理
日本画
動物
デジハリ
暮らし
語学・キャリア
グルメ
芸術
子育て
フォロー中のブログ
お気に入りリンク

カテゴリ:語学・キャリア( 5 )

ポーランド追想

a0086597_22234814.jpg
旦那様が所要でポーランドに行く、ということでなんだか久しぶりに思い出してしまった。

納期督促の旅@ポーランド

思えば5年前、ロンドン滞在中の冬、日本の取引先から電話がはいった。

「ポーランドのメーカーに行って、納期をなんとしても短縮するよう交渉してきて~」と泣きの一手。「オランダにいるプロのネゴシエーター(シュワちゃんぢゃないよ~)が日程が合わないので、なんとか一人で頑張ってきて~」とのこと。

日本では自分で担当していた仕事がロンドンにいるあいだにトラぶってしまって、客先も申し訳なさそうに、でも、丁度良かったとばかりに依頼されてしまった。急遽、クレームでKrakow(ポーランド第二の都市)から車で2時間ほどの田舎町に飛ぶことに。

一度目はロンドン事務所の同僚と。そして二度目はひとりで。

かなりきついクレーム交渉だから一度の訪問では解決しないとは思っていたけれど・・・あの地に二度も行くことになろうとは・・・(^^;

当時はポーランドもEUに加盟して間もない頃だったので、まだそれほど開かれたイメージは無かった。日本の本社でも実際ポーランドに行ったことのある者がいなくて、「そんなところに行かせていいものか」と役員達が物議をかもしていたそうな(後日談)。

仕事のことはさておき、あの時は11月半ばでかなり寒かった。

ホテルと工場の往復ばかりでほとんど何も認識できないままだったので、印象としては大変薄かった。工場のある街Tarnowの街にでたのも数えるほどだったけれど、町の広場らしき広い石畳のスペースに図書館や役所が隣接していて、なんだかこじんまりとしているけれど清潔感のある街だった。なんというか余分なものが何も無い。

夕食をとるために町の広場ちかくのレストランにでかける。アジア人が珍しいのか、地元のお客からかなり強い視線を感じた。目が合っても目をそらさない(ほとんど睨んでる(^^;)ほどのひんやりした空気ってわかるかな。まあ、知らないだけなんだろうけど。

好意的にダイナミックな英語で話しかけようとするタクシーの運転手さんもいたり、いろいろ。そのレストランの若いウエイターは、英語が苦手なんだけど愛想は良くて一生懸命話してくれてたので、半分くらいしか意思疎通ができないにもかかわらず、なかなか楽しい時間がすごせた。

a0086597_1575748.jpg地元の料理をすすめてもらってスープとメインを頼んだら、スープは、うす~いコンソメ味のなかにおそうめんのようなものが浮遊している(^^;かな~り薄味かな?!

メインは鶏肉料理かなにかだったけれど、ポテトと共に載っていた付け合せの赤紫色の玉ねぎのようなものが甘くて濃い~味。そういえば工場の食堂でもランチに付け合せてあった。


あとから聞いた話 - 「ポーランドのポークは美味しい」そうな。早く教えてよね~。

他のテーブルにいた欧米人(たぶんイギリス人かアメリカ人)は彼に英語があまり通じないものだから、「ほんとに英語が分かってるのか?!」と不機嫌そうな態度。文句言うならポーランド語でも勉強したら?といいたくなる。

別の場所でだけれど、年配の人にはドイツ語が通じることも分かった。最近はやはり第二外国語は英語が選ばれているようだけれど、一昔前はドイツ語だったよう。これは戦後(戦中から?)ドイツ語教育を受けさせられたという負の遺産なのかもしれないけれど、わたしにとっては助かった、という感じ。ウェイターさんがドイツ語が出来たのでホテルのレストランでもなんとか食事にありつけました。

それにしても「地元ではいいホテル」らしいのに、部屋のドアが一部破損してたり、ホテルの誰とも英語が通じないし、エレベーターは中の箱にドアがついてなくて入室した途端

「ガチャン!!」

と外のドアにロックがかかる大きな音がいちいちビクッとさせられたなぁ(++)

たまたま上の階に泊まっている中国人の集団が夜通し騒いで、寝られない・・・。旅行客じゃなさそうだ。一室だけのことじゃなくて、部屋部屋を行き交って夜中まで議論したり言い合ったりしてるのだ。恐るべし~(;;)

ホテルのテレビで当時流行っていたアメリカのドラマFriendsを放送していたので何気に見ていたら、ポーランド語(それも吹き替えではなく同時通訳的なやつ)が上からかぶってきて、小声の英語のセリフが聞こえない・・・。テレビに張り付いて英語を聞くのもなんだかバカらしくなってきて、やーめたってなってしまった。

車窓から街を見ていたかぎりでは、ひなびた田園風景とところどころに小さな町。でもいたるところにお地蔵さんのように、マリア像があったことが思い出される。午後3時ころになると町の教会に人が集まり始めて、敬虔なカソリックの国なんだなあということを実感。

断片的に5年前のことを思い出しているとなんだかタイムスリップしそう・・・(^^;

それにしてもイギリスの窓口には振り回されたけど、ポーランドのメーカーの人たちはほんと頑張ってくれたなあ。本社からの事情を全く聞かされていなかったのに、日本人が乗り込んできてせかすのに良く協力してくれたと思う。

製造ラインの人たちも塗装担当のおじさんも営業担当のおねえさんもテスト検査員のおじいちゃんも加工業者のおっちゃんも出荷担当のおにいさんもみんな半分困惑しながら一緒に走り回ってくれた。最後はみんなで達成感を味わったね。

勤勉でまじめなポーランド人を好きになった瞬間でした。

たまたま先日、世界ふしぎ発見で、ポーランド特集をしていて、そ、そんなに素敵なところなの~という印象だった。唖然・・・(^^;
きっと他にも綺麗なところがいっぱい有るんだろうなぁ(遠い目)(--)

旦那様にはポーランドでどんな出来事が待っているのだろう。
今回はゆっくり堪能していい思い出をつくってきてもらいたいものです(^^)

note)
それでお仕事がどうなったかというと・・・
「これから納期が一ヶ月遅れる」「ものはどこにあるの」「いまからつくる」「なんだと~すぐ作れ~」「順番があるからムリ」「4ヶ月も待たせておいてムリとはなんぞや!10日で出荷して!」「う~ん、やってみる」「なんとか頼みます~」「がんばったけど最後にトラブルで3-4日遅れそう」「工程を見直して出荷前テストを省略して2日で出して」「えーと、なんとかなった!」「ばんざーい!!!」  ・・・・ という生々しいやり取り(^^; の末、無事Mission impossibleは解決したのでした。
[PR]
by gohanjawan | 2008-11-12 22:33 | 語学・キャリア

Er kommt noch nicht?

予定日が一日違いの、ニンプ友達がつい先日無事出産した。
予定日よりは少し早かったんだけどな。

週明けくらいに同時出産かな~となんとなく想像してたので、ちょっとおいていかれた気分・・・。
どうやら週末に六甲山に山登りにいったらしい。
そのせいか?前駆陣痛で数日苦しんだようだけど、なかなか積極的なアプローチ!
それに比べてこちらは、まだお散歩が足りないかな~と?

でも経験者によると、安産の人はほっといても安産だし、
いろいろある人はいろいろあるし、それぞれだからね~というアドバイスもあり、
あんまり焦らないことにした。個人差があるし・・・(^^;

そんなのんきな様子で、またまたドイツ語レッスンに参加。
「まだなのね~」
「いまにも出てきそう」

なによりベイベーの都合だからね。
ふふふ、いつ出てくるつもりかな~?
[PR]
by gohanjawan | 2007-06-23 15:00 | 語学・キャリア

Muell und Umweltschutz ゴミ問題と環境保護

4月から通っているドイツ語上級コース。
10人くらいのメンバーもだいたい顔なじみになってきた。
講義も今のところ皆勤で、思い出しつつ楽しんでいるところ。

この週末はちょうど出掛ける時間になって、雷雨。
気にせず講義に出掛けていったら、

「あら、来たの!?体調大丈夫?」
「ん?ばっちりですよ。」
「大きなお腹で・・・大変ね~」
「近くなので・・・全然平気です(^^;」

皆さんベビーを気にしてくださるようで・・・。
授業中にたまに動くくらいで、お腹に手を当てることはそんなにない。
すごくいい子にしてて、一緒に聞いてるのかな~?
さすがにお昼時間も過ぎると、お腹がすいたのかモソモソしだすこともあるけれど・・・。(^^;

ただいまのテーマは環境問題について。
ゴミを減らす日常的な試みについて、話し合っている。

*ペットボトルでなく、返却制のビンで買う。
*台所ゴミは、出来るならば庭で堆肥化する。
*過剰包装を避けるため、スーパーではなく、専門店で容器持参にて物品購入。
*缶製品ではなく、生鮮食料品を買う。
*鼻は、ティッシュではなくハンカチでかむ。などなど・・・(←これは?って感じ?^^;)


ドイツでは出したゴミ量により有料で引き取ってもらうシステムになっているそう。
自分たちのゴミ量に応じたバケツに納まる範囲内で抑える努力をする、というコンセプト。

お金が絡まないと本気にならないというのは、いま取りざたされているCO2排出権
変わらないとは思うけれど、結果的にそのことが功を奏するならば、
ビジネス絡みであれ、そうでないケースであれ、実行に移す価値がある、と思う。

ゴミ問題と環境保護

まだまだ話し合いの余地がありそうです。

帰りに、先生がいつも声をかけてくださる。
Alles Gute!"(気をつけてね!)
お腹をさすって、にっこりお返事。
”Danke schoen, Tschuss!"

あと2回は行けるかな?


[PR]
by gohanjawan | 2007-06-10 17:47 | 語学・キャリア

夢をかなえて・・・

a0086597_1692014.jpgご近所を闊歩していたときのこと、思いがけず!会社の元部下と遭遇。

年齢差からすると立派な部下、なんだけど、ま、関係からすると先輩・後輩というか・・・。

「コレお願いね」
「~ いやだ!(ーー)」
「いやだ、じゃないのっ~!(` ')」

って関係だったし・・・(^^;



彼女が会社を退職して以来もちょこちょこ会ってたんだけど、しばらく音信が途絶えていた。

何年ぶりかでの再会にびっくりしつつ、近況を尋ねると、いまはドバイにいる、という話。
昨年末から、夢をかなえて某航空会社の客室乗務員になったようだ。
たまたま一時帰国で神戸にいて、明日またドバイに戻るらしい。
なんて偶然!
小さな声で呼び止められたときは、聞き違いかと思ってしまった。

そういえばこちらの妊娠のことは言ってなかったようで、びっくりしたみたい。
よく認識できたこと~と思っていたら、
大きなお腹を見ても、「全然変わってないね~、歩き方で分かったよ~って」?(^^;A

お互い、「なんでここにいるの?!」と、しばし立ち話。

彼女と一緒に仕事をしていた3年間は濃い~期間だったし、
当時のロンドン滞在期間もかぶってずいぶん苦労もかけたけど、
いまから思うとなんだか楽しい時間だったなぁ。

退職以来は短期でいろんな仕事を渡り歩いていて、
”なかなか落ち着かないなぁ、ま、若いからまだまだこれからだしね~”と思っていた。
その彼女がやっと夢の仕事につけた、ということが聞けてすごく嬉しかった。

ドバイベースで、とりあえず数年間はバリバリ!働く予定らしい。
容姿ちょ~端麗・語学ちょ~堪能な彼女のこと、プラス、度胸も並大抵じゃ有りません。
そういえば前に、”大富豪と結婚してワタシの絵を高値で買ってくれる”、って言ってくれてたっけ。
場所柄、あながち実現不可能でもないかも?!
かなり期待できそう?な~んてね。(^^)

好きな仕事であっても、想像通りに行かないこともきっとあるだろうけど、
図太い(=たくましい)彼女のこと、きっと色んなことを身につけて、
また楽しげに報告してくれるに違いない。

がんばれ!
ワタシも負けてられないわ~!
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-29 16:03 | 語学・キャリア

どっちが先か?

ご近所の某大学で、社会人向けのドイツ語講座が開かれるとのこと。
ちょうどいまから2ヶ月間。ちょっと後半は出産に絡んじゃうけど、せっかくの地の利。
ずいぶんブランクが長いけど、なんとか付いていけたら、ということで先週から上級コースに参戦。

年配(孫がいるレベル)の人が4~5人、20-30代の人が5人くらいのクラスで、
レベルはちょっとばらつきがあるけど、みんなそれぞれに会話力もある。
ちょっと引き締まった気持ちで、授業をうけている。

ついつい簡単な文法で話そうとしてしまうんだけど、横着しないで
ちゃんと大人らしい文章にしないといけないなあ~、と奮闘中。
忘れている単語もあったり、やっぱり継続して精進しないといけません。

はてさて、ベイビーお出ましまでに、授業に何回出れるかな?
最後の2回くらいは、かなり怪しいぞ・・・(^^;
いなくなったら生んでると思ってくださいね~。
[PR]
by gohanjawan | 2007-04-30 21:27 | 語学・キャリア


タグ
最新のトラックバック
住まい・暮らし
from 住まいのことなら!スマイル・..
釜出し一番石鹸
from ブログでの口コミ・評判! d..
出町ふたば 豆餅
from ひまわりにっき kyoto ..
ぽろたん
from ぽろたんbyサプリ@
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧