あざやかな碧 ~vivid green~


つれづれアート求道
by gohanjawan
カテゴリ
全体
料理
日本画
動物
デジハリ
暮らし
語学・キャリア
グルメ
芸術
子育て
フォロー中のブログ
お気に入りリンク

<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

全部吸える?

5月31日は、世界禁煙デー、らしい。

WHOが制定した、禁煙を推進するための記念日。毎年5月31日。
この日、禁煙マークをプリントしたTシャツを着てマラソン大会を開いたりして、世界的に禁煙を呼びかけている。1995年現在で、世界の喫煙者は10億1000万人であり、約5人に1人の割合となっている。毎年世界で300万人が喫煙が原因とみられるがんや心臓病で亡くなっており、このままでは2030年代初頭には喫煙による死亡者が年間1000万人に達するとWHOは警告している。
日本では、この日から6月6日までの一週間が禁煙週間となっている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

周りには喫煙者はいないので、それほど弊害は感じてないけど、
たまに街にでると、ときどきマナーの悪さに遭遇することがある。

そういえば学生時代によく、ポイ捨てタバコに怒って火をもみ消していたら、後輩から、
”火消し犬みたい”ですね~って言われてた。

会社時代には、会議室で上司が吸うので、席移動したり、直談判したり、
マナーを気にしてる人たちもいるけど、はっきりいわないと分からない人たちも多い。

レストランで分煙されてなかったり、自分も小さい子供連れなのに親がスパスパ吸ってたり・・・。
最近では、完全分煙だけではなく、全店禁煙のバーやレストランなども多くなってきたらしい。
いい傾向(^^)

もちろん趣味嗜好の問題なので、他人に迷惑かからなければいいんだけど、
大概の場合、吸わずに煙を燻らせてるパターンが多いようで・・・。
そんなに吸いたいなら、「漏らさず吸い込んでね~」、って言いたいくらい。
はい、それができるなら、セカンド・スモーキングなんて文句は言われません。
 
タブレットかなんかで直接摂取したら二次喫煙の問題はなくなるでしょう。
そうするとますます濃度が濃い~ニコチンを体内に取り入れることになる。
健康によくないってことに早く本気で気づいて欲しいですね。
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-31 12:35 | 暮らし

ムイムイもお待ちかね

a0086597_17385545.jpg
ベイベーお出ましに備えて、ぜんまいじかけのいもむしオルゴールを入手。

お友達の出産祝いにプレゼントしたものだけど、
あまりに気に入ってたので自分にも同じものを・・・(^^;

みんなで待ってるよ~。
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-29 17:17 | 子育て

広告入り無料プリント Priea (プリア)


広告入りの無料プリントPriea (プリア)、もう試してみた?
月30枚限定で、プリント代も送料もすべて0円!
これはなかなか使える!

広告つきの写真ってのが、どうかな~?と思ってたけど、
ためしに注文してみたら、なかなか画像はきれいし、
使い方によっては全然遜色ない。
30枚はすべてL版プリントだけど、
半面に広告が入るタイプとワンポイントで広告が入るタイプが50%・50%。
どれをハーフタイプにするかっていうのは選択できるので、用途に応じて使い分けられる。

アルバムに入れる記念の写真、だとちょっとしたマークでも邪魔に感じるかもしれないけど、
例えば、記録用のものだったり、ネタ用?(なんの?)のものだったりしたら、
ワンポイントが入ってても気にならないし、
L版の半分に広告掲載されてもカットして使えば良いし・・・。

いいんでない?
お試しあれ~(^^)
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-29 17:15 | 暮らし

スクワット DE 窓拭き

a0086597_16384059.jpg来週から37週目に入る。
おなかも、すっかり”ドッヂボール食べました”状態。
まだこれから大きくなるらしいが・・・。

そういえば「37週に入ると、もう何してもいいのよ」と
ヨガの先生に言われてた。

きょうも産院で、

「これからはスクワットで窓拭きしてくださいね~」と看護婦さん。
「は?」
「赤ちゃんが下がってくるようにね」

・・・なるほど。

階段のぼりとスクワットはお勧め運動だそう。
とくにスクワットは、”陣痛がきたら、スクワットするのよ”とのご指導。
それはなかなか怪しい行動かも・・・(^^; 果たして焦らずに出来るかな~?

一日2時間すると良いといわれるウォーキングも、足を上げてしないと意味がないらしい。
今のマンションの立地はけっこう上り坂だし、なかなかぴったりかも(^^;
ますますお散歩に励め、ってことね。

貧血もタンパクも出てないし、体重もわりとキープできていて、
お腹回りの脂肪も余分にはついてない、らしく、

「初産にしてはずいぶん順調ですね。合格です~。」、とお褒めの言葉。
「ツワリもなかったんです・・・。健康だけがとりえで・・・(*^^*)」

あとは生むだけ?!

さてさて、6月は窓がピカピカになる、予定。
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-29 16:36 | 子育て

夢をかなえて・・・

a0086597_1692014.jpgご近所を闊歩していたときのこと、思いがけず!会社の元部下と遭遇。

年齢差からすると立派な部下、なんだけど、ま、関係からすると先輩・後輩というか・・・。

「コレお願いね」
「~ いやだ!(ーー)」
「いやだ、じゃないのっ~!(` ')」

って関係だったし・・・(^^;



彼女が会社を退職して以来もちょこちょこ会ってたんだけど、しばらく音信が途絶えていた。

何年ぶりかでの再会にびっくりしつつ、近況を尋ねると、いまはドバイにいる、という話。
昨年末から、夢をかなえて某航空会社の客室乗務員になったようだ。
たまたま一時帰国で神戸にいて、明日またドバイに戻るらしい。
なんて偶然!
小さな声で呼び止められたときは、聞き違いかと思ってしまった。

そういえばこちらの妊娠のことは言ってなかったようで、びっくりしたみたい。
よく認識できたこと~と思っていたら、
大きなお腹を見ても、「全然変わってないね~、歩き方で分かったよ~って」?(^^;A

お互い、「なんでここにいるの?!」と、しばし立ち話。

彼女と一緒に仕事をしていた3年間は濃い~期間だったし、
当時のロンドン滞在期間もかぶってずいぶん苦労もかけたけど、
いまから思うとなんだか楽しい時間だったなぁ。

退職以来は短期でいろんな仕事を渡り歩いていて、
”なかなか落ち着かないなぁ、ま、若いからまだまだこれからだしね~”と思っていた。
その彼女がやっと夢の仕事につけた、ということが聞けてすごく嬉しかった。

ドバイベースで、とりあえず数年間はバリバリ!働く予定らしい。
容姿ちょ~端麗・語学ちょ~堪能な彼女のこと、プラス、度胸も並大抵じゃ有りません。
そういえば前に、”大富豪と結婚してワタシの絵を高値で買ってくれる”、って言ってくれてたっけ。
場所柄、あながち実現不可能でもないかも?!
かなり期待できそう?な~んてね。(^^)

好きな仕事であっても、想像通りに行かないこともきっとあるだろうけど、
図太い(=たくましい)彼女のこと、きっと色んなことを身につけて、
また楽しげに報告してくれるに違いない。

がんばれ!
ワタシも負けてられないわ~!
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-29 16:03 | 語学・キャリア

もう動けない?

a0086597_1773011.jpg35週・9ヶ月目の最後の検診@産院。

ちょっとどきどきしながらエコーを見てもらうと、
赤ちゃんは頭位(正常位)のまま~(^^)
頭が下で、ワタシのおへそ側に、
赤ちゃんの背骨側がきているというノーマル体勢。
エコーで顔が見にくいのは玉にキズだけど、よかった、よかった!

腹帯を外したとたんにガシガシ動いちゃうから、”言い聞かせ戦法”にて対処していたけれど、
果たしてちゃんと聞いてくれてるか心配してた。
「ちゃんと頭を下にしてるよね~?えらいね~。」と、まるで半分脅してるみたい?(^^;

体重も標準に追いついたし、もうそろそろ大きくなって中で回りにくくなったかな。
丸まって狭そうな映像がちょっとかわいそうだったけど、
あと少しの辛抱なので、そのまま我慢しておいてもらおう。
あんまり居心地がよくても、出てきにくくなるかもしれないしね~(^^;

来週からいよいよ臨月。
早く会いたいな~。
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-22 15:50 | 子育て

腹が減っては・・・(^^;@京都

美術鑑賞は体力を使う。

ってことで、へいはっつぁんを観に行く前に、祇園にある茶寮都路里へ。
以前にも何度か行こうとしたけれど、いつも行列でなかなか入れなかった。
そこで今回は朝一番で行くことに。
開店時間ちょっと前に行くと、もうすでに店内にはちらほらとお客さんが!なんで~?
ま、入れたからいいんだけど、みんな開店前から待ってるの?

a0086597_15241526.jpga0086597_15213696.jpg(母乳準備のために)ほんとは甘いものは控えたほうがいいんだけど・・・「朝だからいいかな~」という勝手な解釈で(^^;、都路里パフェをご注文~!
学生時代にカキ氷など平らげてお店を出るときには、「・・・うう、ぽんぽん痛い(++)」というパターンが多かったツライ過去を思い起こし、
おなかを壊さないように、ほかほか抹茶セットも併せて注文してもらって~、と。
ぁ~、美味しい~。抹茶ゼリーが濃厚で、そんなに甘くないし、大人な渋い味でありました。

おかげで落ち着いて、美術鑑賞が堪能出来た次第。

a0086597_15265989.jpgランチは、ぷらぷら歩きの末、四条富野小路にある、古めいたリストランテ フクムラに。
ポルチーニ茸のリゾットとペスカトーレ タリアテッレを注文。
路地奥にあってかなり怪しげ(もといレトロ)な外装だけど、お味はなかなかの本格派。
常連客が通っている隠れ家的存在のよう。
ワインの品揃えも豊富なようで、匂いだけでもと(^^;鑑賞させてもらって少し気分に浸る。


なんだか昔の旧友に会いに行った様な今回の京都訪問。
目も舌も大いに満足した一日だった。
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-22 15:21 | グルメ

へいはっつぁん、お久しぶり

京都国立近代美術館で開催されている、福田平八郎展に行ってきた。

先月のブログアップからずいぶん楽しみにしていた京都訪問。
思えば1992年に生誕100年を記念する回顧展があって以来の京都での開催のはずなので、
前に見てから、かれこれ15年もたつんだなぁ・・・愕然・・・(。。)
なんだか懐かしい思いがするのも無理はない(^^;

祖父の市美での同期だった福田平八郎は、祖母には”へいはっつぁん”と呼ばれていた。
そのせいでもともと親しみも沸いていたんだけれど、写実を通り越した、計算された大胆な構図と色彩は今の時代でも追いつかないほどの新しさを秘めていて、久しぶりの対面にワクワクしながら出掛けた。

朝早い時間に到着したので、館内は思ったより空いていて快適。ゆっくりと鑑賞することが出来た。
ほとんどの作品は旧知のものだったけれど、目に新しい小品もあって、
構図の妙や背景にかくされた技巧が、この人は現代では優れたグラフィックアーティストだったろうなぁ、いややっぱり日本画家かなぁ、・・・と感心しきり。

a0086597_11545246.jpg」シリーズや「白木蓮」、すべて手放しで好きなものばかりだけれど、特にお気に入りは
静物画「鱶の鰭と甘鯛」。

タグ横に、短い作者コメントがあって、”・・・・がっくりしていたところ思いがけず鱶の鰭と甘鯛が手に入って、雀踊りした・・・うんぬん”とある。
雀踊り?小躍りの間違いじゃないのかな?(。。)
と見直すがやはりスズメ・・・。
気になって後で調べてみると、ありました・・・(^^;;
仙台のお祭りでの雀踊り
実写ムービーもあるようなので、ご興味のある方はチェックください。
・・・なかなか陽気な人だったようです・・・。仙台の踊りとは違うかもしれないけど、きっと似たような喜び方をしたに違いない。食いしん坊だったのかな~。(^^;
というエピソードで勝手に和みつつ、甘鯛の”縦置き構図”にさすが~と感服したり。m(--)m

a0086597_11553698.jpg
雀つながり・・・というわけではないけれど、もうひとつ「竹に雀」。
ありえない”正面お腹見せ飛び”のスズメにやられました(^^;
「舌切り雀」、の挿絵にそのまま使えそう。(^^)








a0086597_122537100.jpgそして最後に、やっぱり好きな直立不動的?「松竹梅」。
松竹梅の色紙は世に多くあれど、この潔さが好き。
模写修行しようかと思うくらい。
(*^^*)

平八郎のサインが時代時代で変化する様子も、楽しく鑑賞した。
”作”が付いていたりいなかったり。あ、これは「郎」の「おおざと・つくり」が”右肩下がり”だな、とか(^^;



”誰と一緒に行くか”によって、また違った見方ができたり、思わぬ発見(質問)があったり、
これもまた楽し。

日本画の展覧会はどちらかというと相対的に年配の人たちが多いのだけれど、いまどきの人たちも興味深げに鑑賞していたこともあり、改めて”へいはっつぁん”の新しさを認識した一日。

しばらくはゆっくり訪れることもないかな、と名残惜しげに、遅いランチに向ったのでありました。
しばらく余韻に浸っておこう~♡
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-21 11:00 | 日本画

年輪を楽しむ

着物をかじりだすと、当然収納も気になるところ。

一般に桐のタンスが適している、といわれている。
虫がつかないから、ということだけれど、着付けの先生によると、ウールの着物と一緒に収納すると桐でもやはり虫はついてしまうらしい。

数少ない着物をちゃんと保管したいので、桐のタンスを購入しようかしらといろいろ調べていた。
通販や各地の家具屋を何軒かはしごしていろいろ調査したけれど、価格差があってよく分からない。
お店でうかがった話によると、数万円の安いタンスは南洋桐で年輪が荒い。
タイ・マレーシアなどで伐採、製造して、日本に輸入されることが多い。
海外生産ということもあるのかデザインは洋風というか、ごくシンプルでコーディネートしやすそうなものもいくつかあった。

一方、何十万以上もする高価なものは日本の桐で作られており年輪が細かい。
もちろん日本の職人が製造する純国産品。デザインは古典的なものが多くて、
これでもか~と装飾が施されているもの、
でもマンションの部屋に合いそうにないものがほとんど(++)

年輪の細かさはやはり硬さや防虫具合にも差があるらしく、
着物にはやっぱり桐だから・・・と盲目的に購入するものどうかな~と二の足を踏んでいるうちに
すっかり購買熱が冷めてしまった。



















タンスの話は置いておいて・・・、
着物につきものの下駄にも、桐のものが好まれるようだ。
先日のNHK「美の壺」のなかでも紹介されていたけれど、
年輪の細かい対になった下駄は「年輪を履く」と称されるほどで
”塗り”でない下駄は、滑らかな履き心地だけではなく木目の美しさも楽しみの一つとなっていて
「脱いだときがお披露目」、とも言われる。

粋だなあ、と感心するばかり。
足元までのおしゃれに心配ることが出来るのは、まだまだ遠い先のことだろうけど、
木肌の年輪を楽しむことが出来れば、
浴衣姿で素足に下駄、というのも、なかなかの贅沢だと思う。

そのころはきっとおこもり状態なので、今年は無理かな~(^^;
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-18 22:45 | 芸術

山笑う季節

a0086597_1558336.jpg
花粉症の季節もいよいよ終息。六甲山の碧が目にしみる。
春は青のみずみずしさが山をまぶしく見せてくれる。

春の季語に、「山笑う」というのがある。
正岡子規の俳句にも、   ”故郷(ふるさと)や どちらを見ても 山笑う”
今の季節にぴったりの季語だなぁ。

折も折、そういえば山口智子プロデュースのブランド”山笑うというのもあるらしい。伝統古典柄などちりばめられた”ゆる系”ファッションブランド。
ちょっとそういった季節感のある雰囲気があるのかな?

青葉は季節によって色が変わる。
日本画には緑青(ろくしょう)という色があって、一見緑だけれど青も混じっている。
正しい名称だとおもう。色は一色では言い表せない。

山笑う 今の季節、散策もまた楽し。
日焼け対策して、出掛けよう~。


「山」といえば、結婚を友人に知らせたときに言われた言葉をふと思い出した。
「大きな山が動いたね」 ・・・ なんだか”風林火山”を思い起こさせる。

動かざること山の如し・・・

そんなに お尻が重かったのかしら?(^^;
[PR]
by gohanjawan | 2007-05-15 09:20 | 暮らし


タグ
最新のトラックバック
住まい・暮らし
from 住まいのことなら!スマイル・..
釜出し一番石鹸
from ブログでの口コミ・評判! d..
出町ふたば 豆餅
from ひまわりにっき kyoto ..
ぽろたん
from ぽろたんbyサプリ@
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧