あざやかな碧 ~vivid green~


つれづれアート求道
by gohanjawan
カテゴリ
全体
料理
日本画
動物
デジハリ
暮らし
語学・キャリア
グルメ
芸術
子育て
フォロー中のブログ
お気に入りリンク

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

めざせ むき卵!

a0086597_1238599.jpgぼっちゃんマークの釜出し一番石鹸とやらを頂いた。

ベイベーもそろそろ生後一ヶ月。
皮脂腺が発達するころで
お顔に発疹がポツポツ出始めた。
汗疹も重なって、一時顔中が赤くなってしまった。
一過性のものとはいえちょっとかわいそう・・・。
出来るだけ清潔にして、石鹸で顔も洗ってあげないと~と思っていたら
知り合いから良きものをいただいた。

「うちの子はこれのおかげで、肌荒れなしですみました~」とのこと。
「そのうち、むき卵みたいになりますよ」(^^)/

「む、むき卵!?(♡▽♡)」

確かに、だんだんお顔がツルツルになってきたぞ~。

a0086597_12341861.jpg
パッケージもなかなか印象的で、よかよか!
夏目漱石の”坊ちゃん”がモデルになってるとのこと。
おちょぼ口がステキ!
頭を洗ってる仕草もなんだかかわゆくて和んじゃう・・・(^^)
純粋無添加、ぼっちゃんマーク
いま我が家で大活躍中~。
[PR]
by gohanjawan | 2007-07-20 12:10 | 子育て

つかのまの上げ膳据え膳


a0086597_2244134.jpgなんだか異空間で過ごしていたような、出産までの道のり。

ツワリもなかったし最後までタンパクも出てなかったし、
妊娠期間があまりにも順調だったからか
「このまま楽勝ペースかっ!?」
と高をくくっておりました。
いや~やられた~って感じです。(^^;

妊娠本を見ても陣痛の苦しさはそれほど伝わってきてなくて、「産むときはしばらく痛いんだろうなぁ・・・どんなかな~」って心構えくらいで、
ひとりふたりとマタニティ仲間が産んで去っていくのをお気楽に見送っていた。

おしるし・陣痛・破水、とちゃんと順番どおりに来たものの、
陣痛がそんなに長く続くとは予想してなかったわけで・・・。
ゆっくりゆっくり進んだ陣痛だったからこそ、分娩のときは安産だったのかな。
はっきりいって分娩のときの痛みって覚えてないなあ。
あのときは呼吸法をこなすので頭がいっぱいだった(^^;
ベビーの顔を見るとすべて帳消し、とはよく言ったものだ。

a0086597_2252858.jpg怒涛の日曜日を過ごして、
軽くなった体に違和感を感じながら
しばしの入院生活へ。
「今晩はたぶん興奮して眠れないわよ」
とは助産婦さんの言葉。
疲労感と二日分の寝不足でふらふらなんだけど
たしかに頭がさえて眠れない。

朝から豪華メニューの朝ごはんをすませて、
しばらくすると、ベビーの沐浴指導とおっぱい指導。
新米ママたちがぎこちない手つきで、授乳したりお風呂に入れたりー。
その最たるのが、ワタシって感じ。
首が据わってない、くにゃくにゃのベビーはこわくてサワレナイ(++)
ロボットみたいですね(^^;」

ナースステーションで出産に立ち会ってくれた助産婦さんたちと顔をあわせると、
なんだか昨日の自分が恥ずかしく思える。
いまはけろっとしてるわけで・・・

「きのうはうるさくして、すみませんでした~」(*・・*)
「あぁ、痛かったよね」(^^)
「陣痛ってあんなに痛いって知らなかったんです・・・」
「知らなかったの?陣痛は、”戦に行く(陣を張る)くらいの痛み”っていうでしょ」
「へ~~~~」(。。)

a0086597_225553.jpg家族や友人たちが入れ替わりでお見舞いに来てくれた。
きれいなお花をどうもありがとう!

大きなお腹と家事からも解放されて
豪華なお食事に上げ膳据え膳。
みんなに言われる、
「いまのうちにゆっくりしてね」の言葉。
たしかに助産婦さんたちにフルサポートしてもらってる
5日間の間にお世話の基本を覚えて帰らないと。
これからは自分でお世話するんだなぁ。
うーむ、ふあんふあん。(^^;

さて、人生で最も寝不足の一ヶ月の始まり始まり・・・。
[PR]
by gohanjawan | 2007-07-07 23:42 | 子育て

満月の夜に・・・

a0086597_1418495.jpg

6月に 2回目の満月の夜、
とうとうやってきました本格的な陣痛が・・・。

立っても座っても寝てても痛みが逃げなくて、
夜中じゅう「う~う~」唸りながら家の中を歩き回っていた。
妊娠本に載ってる”痛み逃がしのポーズ”をかたっぱしからやってみたけど、どーしてもイタイ!

いよいよ来たか、と感じた旦那様。
熊のように家の中を歩き回るワタシに、
「ほら、きょうは月が綺麗だよ~」とデジカメにとって見せてくれたり、
「明日に備えて、体力を温存してたほうがいいよ~」とアドバイス。
「だって゛、寝てても座っても い゛だい゛ん゛だもん~~!」(*__*)
なだめられても、収まらず・・・。

気を紛らすために、産院に様子を知らせるべく電話しても、
「初産だし、お産が出来る状態になるまでには軽く翌日までかかりそう」とのことで、
仕方なくオオカミ状態で夜を明かした。

結局一睡もしないまま、日曜の早朝にヨタヨタと産院へ。
もうこの時点で、自称”痛みのピーク”って思ってたんだけど、まだまだ甘かった・・・(^^;
結局、それから10数時間、さらに陣痛は続くのであった。

LDRに入ったときは陣痛が10分間隔になってたんだけど、
結局、こっそり破水もしていたことが分かり猶予も無いってことで、促進剤を投与することに。
促進剤を飲んだほうが早く生まれるんだろうけど、飲むと陣痛が来る(=痛い)し・・・、
なんだか複雑な気分(++)

陣痛の波をモニターで監視して、時間間隔を測っている助産婦さんと旦那様は、
ず~っと「う~ん、う~ん、痛いよ~(--;)」とうなってるワタシに

助:「いまは痛くないから、叫ばなくてもいいですよ」
旦:「いまも痛いの?」

ワタシ:「・・・(ちょっと正気に返って)・・はい・・余韻が・・・

痛みって主観的なものだし、個人差があるから説明しにくいけど、
どうもかなり痛みに弱いタイプらしい。
ちょ~安産だったという実母の話を信じていたワタシ。
遺伝は当てにならないのかっ!
いや、陣痛が長かっただけで、あながち安産でなかったとはいえないなぁ。
陣痛から出産まで、5~6時間ですべてが終わると思ってたわ・・・(^^;

「あの~、まだまだですか?」
「もうちょっとね」
とごまかされ続けて、10数時間。

知ってる人は知ってると思うけど、痛み逃がしには”テニスボール”。
ボールをにぎり続けて、10数時間の旦那様は、ワタシ以上にヘトヘトだったかも・・・。
二人揃って翌日に筋肉痛になるほど、過酷な作業だったのだ~。

結局、陣痛が2分間隔になって分娩作業に入ったのは、夜の19時ごろからだったように思う。
やっとドラマで見る、「分娩」っていうやつね と自覚してからは早かった。
「いまから本番だ~」
ゴールが見えると強いタイプなのら(^^;

先生も現われて、いきんでもいい、と言われてから、数時間:
呼吸法の”吐いて、大きく吸って、止めて、いきむ”がスムーズに出来ない。

「・・・先に、吸うんだっけ??」
「吐くの~」
「分かんなくなるから、一回一回言って~」(**)

「もうひといき。もう頭が見えてるよ」
「なぬ~。む~」

そんなこんなで、21時30分すぎ、待望のベイビーが誕生しました!
3114gの王子様が。

お腹の上に乗せられた、へその緒がついたままのわが子はずっしりと重くて、
思わず妊娠中に呼び続けた名前を呼んでしまった。
「かんちゃん、よくがんばったね」

わが子を抱っこしてる瞬間、あの痛みはどこかに行ってしまった。
うそみたい・・・。
思えば陣痛が始まってからは、日常とかけ離れた”切り取られた時間”を過ごしていた感覚。
いまから思い出しても、どうやって産んだか分からないくらい、不思議な体験だった。

”その月に2度目の満月”は、Blue Moonと呼ばれているらしい。
あの夜の月は、まばゆい金色に輝いていたけれど-。
[PR]
by gohanjawan | 2007-07-01 23:50 | 子育て


タグ
最新のトラックバック
住まい・暮らし
from 住まいのことなら!スマイル・..
釜出し一番石鹸
from ブログでの口コミ・評判! d..
出町ふたば 豆餅
from ひまわりにっき kyoto ..
ぽろたん
from ぽろたんbyサプリ@
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧